Girasole

Girasoleはアルファロメオで実績のあるフラミンゴクォーレがお届けするアルファロメオ専門のパーツブランドです

TEL.0489-59-0800

〒341-0028 埼玉県三郷市南蓮沼243 営業時間:9:00~19:00 定休日:火曜日

05月

アルファロメオチャレンジ東北第1戦

本日、5月18日はアルファロメオチャレンジ東北第1戦が行われました。
場所は仙台ハイランドで、雨が降ったり止んだりの生憎のお天気でした。
仙台ハイランドは今年の9月15日に閉鎖される予定でアルチャレ東北戦では今日の第1戦と9月15日の最終日に第2戦の予定になっています。9月15日のラストランには是非、走りたいと、今日は下見練習を兼ての参加です。

Girasoleからは「思いっきり走行会」1時間13000円の走行会にメカニック村山、西尾選手、花山選手、野澤選手が参加しました。
-4
次戦に向けての下見練習なのでタイムは参考になりませんが次の通りです。村山選手が156GTAで2’10.661。花山選手が147GTAで2’11.958。野澤選手が2’14.382。西尾選手がGTで2’25.801でした。

スプリントのほうには穂坂選手が156TS2.0で参戦。予選を総合4位で通過。決勝もGTAを抑えての総合4位、クラス3位の好成績でした。タイムは2’10.201でした。2リッターでこのタイムです。
-3
このタイムで、クラス3位ですからMR200クラスのレベルの高さがうかがえます。
穂坂選手、表彰台ゲットおめでとうございます。

-5

 

 

http://www.flamingo-cuore.com/

 

 

オフ会へのお誘い。

今週の土曜日の夜8時から159ナイトミーティングが行われます。
名前の通り159の集まりなわけですが、今では147や156、GTV、スパイダーなどアルファロメオのほとんどが集まるようになりました。グループも発足から7年が経過して159を降りてルノーやポルシェなどに乗り換えた方もいらっしゃいますが、今でも皆さん参加されています。159が好きならだれでもウエルカムだそうで、車好きな紳士淑女たちが和気あいあい車談義に花を咲かせています。今回はフラミンゴから高田と新しく159のお客様が参加させていただく予定です。社長もアバルトで参加させていただきます。一人ではちょっとと思っていらっしゃる方、ご一緒に参加しましょう。
83533c28c0

みんカラをやっている方はHIROCHANさんのブログの159NM-vol78のご案内のコメント欄に参加表明してください。http://minkara.carview.co.jp/userid/476924/blog/33083723/
みんカラの登録が無くてコメント出来ない方はフラミンゴまでご連絡ください。
お車など事前の登録が必要となりますので、まずはご一報ください。

場所は首都高速用賀インター、東名高速東京インターからすぐ近くの砧公園(きぬた)で行われています。夜8時からといってもその時間では人数はまばらで9時を過ぎたあたりから続々と集まってきます。うっそうとした森の中にある駐車場なので誰かに迷惑をかけることもなく深夜まで残っているメンバーも多数います。
363d63cf48

毎月、第三土曜日の夜に定期的に行われていて、ちょうどこの季節は過ごしやすいです。

参加費などはありませんが駐車場内なので駐車場代がかかります。

 

http://www.flamingo-cuore.com/

 

 

5月10日アルファロメオチャレンジ関東第2戦レースA レースリポート。

富士スピードウェイで行われたこちらのレースは快晴でした。Girasoleチームでは15台が参加、MONZAさんチームやTHREE HUNDREDさんチームの仲良しチーム総勢21台の参加となって、応援の方、見学の方を含めて大賑わいのレースとなりました。
150-2クラスは10台で激戦区。そのうちMiToが3台、アバルトが3台。150-7クラスのMiToが2台。159が5台、そしてGT。出走した33台のうち半分近くが新時代の車になったレースAに感じられました。
レースの展開は147川西選手が棄権して出走せず。トップ集団は他チームのMiTo,V6 2.5、GTV3.0,そしてGirasoleアバルト、その後ろを159竹中選手、159村上選手、Girasoleミトがデッドヒート。その後ろをTHREE HUNDRED山口選手のアバルトがリードするかたちで159高砂選手、159ダイモス選手、GT西尾選手、156V6飯田選手、ミト子犬選手、159ワゴンKt選手が続く展開でした。

-99-108-109-106-107-101-100-98

結果はGirasoleミトが総合4位、ベスト2’12.679。チャンプこと竹中選手と村上選手の159対決は竹中選手が熟練の走りで勝利。159竹中選手が総合5位150-3クラス優勝、ベスト2’13.228。159村上選手が総合6位150-9クラス優勝、ベスト2’12.901だった。Girasoleアバルト石原はベスト2’13.107でマシーントラブルでリタイア。
まるっきりのノーマルで走ったアバルト山口選手は健闘してベスト2’18.820。続く159高砂選手はベスト2’18.728で150-9クラス準優勝、終始、前を走るアバルトにペースを握られる展開でした。159ダイモス選手はベスト2’20.265でマシーントラブルのため途中棄権。
続いてGT西尾選手がベスト2’16.857で150-6クラス優勝、156V6飯田選手がベスト2’17.062、ミト子犬選手がベスト2’19.045で150-7クラス準優勝、159ワゴンKt選手がベスト2’20.043で150-9クラスの表彰台をゲットしました。
今回初参戦の159の2人のダイモス選手とKt選手の楽しみな対戦だったがダイモス選手のマシーントラブルで残念ながら次回にお預けになりました。ともに今回、ベストがほぼ同じタイム。次回頑張って同期対決を果たして欲しいところです。
他チームを含めたレースA全体の成績は総合優勝がMiToの2’12.653。準優勝が初参戦のGTV3.0の2’13.562。3位が156V6の2’13.247でした。
冒頭でも書いた通りレースAをMiTo、アバルト、159が引っ張っている様に見受けられました。実際にエントリー数が多くなったこともあります。
新しいアルファロメオチャレンジの時代がスタートしたかのようなレースでした。